抜け毛の原因を考えてみよう

抜け毛が増える原因には、いくつかの要因が挙げられます。

50代、60代になってくると、どうしても髪が薄くなる症状は増えてきてしまいます。また、近年では、20代、30代の若年層の薄毛も増えてきました。

薄毛、抜け毛の原因を自分なりに分析し、しっかりとした薄毛、抜け毛対策を行うようにしましょう。

抜け毛の原因として、

・睡眠不足
・喫煙
・過度のダイエット
・ストレス

などが考えられます。

髪の毛は、夜に成長すると言われています。そのため、睡眠不足は髪に悪影響を与えますし、昼夜逆転の生活も髪にとっては良くないことになります。

たばこが身体に良くないことは周知の事実ですが、髪にとっても同様です。喫煙すると血流が悪くなり、頭皮に悪影響を及ぼします。抜け毛予防に禁煙は欠かせないと言えるでしょう。

それなりに気を配った食事をすれば問題ないですが、過度のダイエットは髪の毛に悪影響を及ぼすことがあります。

ストレスは、髪の毛他、身体全体に問題を引き起こしますが、自身でも気づかないうちにストレスは溜まっていくものです。あまり頑張りすぎず、たまには思い切り羽を伸ばして休むことも大切です。

これらの生活環境を見直した上で、ケフトルのアミノシャンプーや育毛剤で、上質のスカルプケアを行っていきましょう。

ワンランク上のスカルプケア[ケフトル]

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

« 薄毛の原因を分析してみよう | ホーム | 市販の育毛商品では結果が出ないという方に »

このページの先頭へ