薄毛の原因を分析してみよう

髪が抜ける、髪が薄くなり地肌が見えるといった、年齢を経ると避けて通れない薄毛の症状ですが、薄毛の原因にはいくつかの事柄が考えられます。

大きく挙げると、

・男性ホルモンの影響
・遺伝
・過度のストレス
・不規則な生活習慣
・乱れた食事

が考えられます。

男性ホルモンは髭(ひげ)などの体毛を成長させる働きがありますが、髪の毛には逆効果であるとされています。

遺伝による影響も少なくないと言われています。家族、親戚に薄毛の人が多い場合、若い年齢から薄毛対策を行った方がいいでしょう。

多大なストレスは、ホルモンバランスを崩したり、血行を悪くしたり、毛髪にも悪影響を及ぼします。

不規則な生活習慣は、健康的な髪の成長を妨げる可能性があります。

乱れた食事は、栄養バランスのとれた食事を摂れないということになるので、髪に必要な栄養が行き渡らないことになります。

自身の薄毛の原因を見極め、改善できるところは改善していきましょう。自身の力で改善できない分については、ケフトルの育毛剤や育毛シャンプーで、しっかりと頭皮ケアを行っていきましょう。

ワンランク上のスカルプケア[ケフトル]

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

« 頭皮の悩みを解決して前向きに生きよう | ホーム | 抜け毛の原因を考えてみよう »

このページの先頭へ