薄毛になる原因 - 生活習慣を見直そう

薄毛になる原因は人それぞれですが、その一つに生活習慣の乱れが挙げられます。

毎日の食事、ストレス、喫煙、睡眠不足等、改善できるところは少しずつ直していきましょう。

◆ 食事(栄養)

髪の毛の主成分はケラチンと呼ばれています。ケラチンを生成するには、タンパク質、ビタミン、ミネラルといった栄養素をバランスよく摂取することが大切です。毎日の食事は育毛にとっても大切なことなので、バランスの良い食事をちゃんと摂るようにしましょう。

◆ 暴飲暴食

かといって、食べ過ぎ飲み過ぎは胃腸への負担が強まり、消化・吸収の働きが弱まってしまいます。それだけ髪の毛を作り出す働きも弱まってしまうので、注意が必要です。

◆ ストレス

ストレスをため込むと体の活性酸素が増えてしまい、その活性酸素があらゆる細胞にダメージを与えてしまいます。髪の毛に関してもいい影響を与えないので、ストレスをため込まないよう、日頃から発散できる状況を作っていくようにしましょう。

◆ 喫煙

言わずもがなではありますが、タバコは体に悪影響を与えます。タバコに含まれるニコチンは毛細血管を縮める作用があり、毛細血管が収縮してしまうと、髪の毛に栄養が行き渡りづらくなります。髪の毛へ届く栄養が少なくなれば、当然薄毛につながりやすくなります。

◆ 睡眠不足

髪の毛は、毛母細胞が細胞分裂することによって生み出されていきます。細胞分裂を促すにはホルモンの分泌を活性化させることが必要になりますが、ホルモンの分泌と睡眠には密接な関係があります。睡眠不足は育毛の大敵、充分な睡眠を取るように心がけていきましょう。

発毛育毛専門 | M-1育毛ミスト通販サイト|サラヴィオ化粧品

サラヴィオ化粧品

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

« サラヴィオ化粧品が世界毛髪研究会議で最優秀賞を受賞 | ホーム | 薄毛になる原因 - ホルモン[ジヒドロテストステロン(DHT)] »

このページの先頭へ