薄毛になる原因 - ホルモン[ジヒドロテストステロン(DHT)]

男性の薄毛を引き起こす原因の一つとして、ホルモンの影響が挙げられます。

ホルモンが影響する薄毛としては、ジヒドロテストステロン(DHT)が代表的です。

DHTは、男性ホルモンのテストステロンと5αリダクターゼという還元酵素が結合し生成されます。

テストステロン + 5αリダクターゼ = ジヒドロテストステロン
[男性ホルモン]  [還元酵素]   [強力な男性ホルモン]

5αリダクターゼには、1型と2型が存在することがわかっていますが、抜け毛や薄毛に強く影響するのは2型の5αリダクターゼであると考えられています。

2型の5αリダクターゼは、前頭部や頭頂部の髪の毛の毛乳頭に生成されやすいと言われていて、そのため、男性特有の薄毛につながりやすいと考えられます。


毛根にある毛乳頭には、発毛ホルモンを受け取るレセプター(受容体)があります。

ところが、憎きジヒドロテストステロンは、このレセプターに対して脱毛因子を増やすべく「発毛するな!」の指令を出してしまいます。このことにより、発毛のサイクルが著しく悪化してしまうのです。

そのため、薄毛ケアをする場合は、毛乳頭にあるレセプターに対して、発毛ホルモンを増やしてあげるような育毛剤を選ぶことが大切になります。


なお、女性の場合も、体内のホルモンバランスが崩れることで抜け毛が増えることがあります。妊娠や出産、閉経等の影響が考えられます。

発毛育毛専門 | M-1育毛ミスト通販サイト|サラヴィオ化粧品

サラヴィオ化粧品

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

« 薄毛になる原因 - 生活習慣を見直そう | ホーム | アルコールは髪にダメージを与える »

このページの先頭へ