サラヴィオ化粧品が世界毛髪研究会議で最優秀賞を受賞

育毛剤「M-1」を生み出したサラヴィオ化粧品の研究チームが、第7回世界毛髪研究会議で最優秀賞を受賞していることはご存じでしょうか。

一般人にはピンと来ない名前ですが、世界毛髪研究会議は“髪のワールドカップ”とも呼ばれていると聞けば、その権威の高さに納得がいくのではないかと思います。

この髪のワールドカップで、サラヴィオ化粧品は「マイクロセンサー理論」を発表。世界の名だたる研究団体と肩を並べて最優秀賞を受賞しました。世界46カ国、250の演題の中から受賞した研究団体を列挙すると、

・サラヴィオ化粧品 中央研究所(日本)
・コロンビア大学 医学部皮膚科(アメリカ)
・マウントサイナイ医科大学 再生医療(アメリカ)
・シェフィールド大学 医看学部感染症・免疫学科(イギリス)
・ブラッドフォード大学 皮膚科学センター(イギリス)
・ブリティッシュコロンビア大学 皮膚科(カナダ)

となります。民間企業が、世界の有名大学の研究団体と並んでの受賞はまさに快挙と言えると思います。

サラヴィオ化粧品 世界毛髪研究会議で最優秀プレゼンテーション賞を受賞
※TVでも報道されました。

このことからも、サラヴィオ化粧品の技術力の高さがわかっていただけるのではないかと思います。

ちなみに、世界毛髪研究会議で民間企業単独での最優秀賞受賞は初めてです。(化粧品メーカーの花王が、共同研究で受賞したことがあります)

発毛育毛専門 | M-1育毛ミスト通販サイト|サラヴィオ化粧品

サラヴィオ化粧品

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

« M-1毛髪ミスト | ホーム | 薄毛になる原因 - 生活習慣を見直そう »

このページの先頭へ