アルコールは髪にダメージを与える

アルコールが髪にダメージを与えるという事実をご存じでしょうか。

アルコールは、シャンプーや育毛剤に使われているケースが多いのですが、毛根の毛母細胞にダメージを与えるという実験結果が出ています。

アルコールのダメージ

少し話がずれますが、病院でアルコール消毒をすることは一般的になっていますが、アルコールが皮膚にダメージを与えることがわかるようになってから、アルコール消毒を行わない病院も増えてきています。

それだけ、アルコールは細胞にダメージを与えてしまうということなんですね。

そのため、育毛剤を選ぶ際には、ノンアルコールの物を選ぶことが大切になります。

しかし、一般的な育毛剤にはアルコールが含まれていることが多いです。成分表にエタノールの表記があれば要注意と言えますが、一般人にはわからない成分で表記されていたり、微量のため表記していないケースもあります。

それでは、ノンアルコールの育毛剤を使うのは難しいのかというとそんなことはなく、ノンアルコールを謳っている育毛剤もあり、それが「M-1」になります。

M-1を開発したサラヴィオ化粧品は、髪のワールドカップと言われるほど権威の高い『世界毛髪研究会議』で、民間企業単独では初となる最優秀賞を受賞しました。M-1は、最優秀賞を受賞したマイクロセンサー理論を元に誕生した育毛剤です。

  • ノンアルコール。防腐剤や香料も不使用
  • 頭皮環境を整え、健全な新陳代謝を促す
  • 脱毛の原因となるTGF-βを抑制
  • 発毛ホルモンFGF-10を3倍アップ

等の特長があります。

頭皮の外側からも内側からも働きかける“デュアルアクション”により、しっかりとした薄毛ケアを行うことができます。

栄養素にこだわった育毛剤が多い中、M-1は細胞に働きかけることに主眼を置いた育毛剤と言えます。

発毛育毛専門 | M-1育毛ミスト通販サイト|サラヴィオ化粧品

サラヴィオ化粧品

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

« 薄毛になる原因 - ホルモン[ジヒドロテストステロン(DHT)] | ホーム | 薄毛になる原因 - ヘアサイクル(毛周期)の乱れ »

このページの先頭へ